2007年10月24日

FXの歴史

FX歴史は浅く、1998年4月の「外為法」の改正(外国為替及び外国貿易法の改正)
により、個人投資家にも外国為替取引を開放する取引が誕生しました。
それまでの為替取引は、外国為替公認銀行が独占していて、個人がそれに参加できるの
はスポット的な外貨取引だけでした。それも外貨を購入してそれを定期預金などにして
保有、値動きを見て自国の通貨に戻すというだけで、その往復の取引には往復で2円
以上の手数料がかかり、非常に効率の悪いものでした。むかっ(怒り)

FXの歴史の中で、このように一般の業者が取り扱うことができるようになったため、
悪徳業者がFXを取り扱うような状況になり、サギまがいの取引を行うFX業者も現れま
した。パンチこれは、FXが相対取引であることに起因しています。

FXには、このようにグレーな歴史もあったわけですが、FXを取りまとめる金融庁の指導
により、2005年7月に改正金融先物取引法が施行され、自己資本や社内体制等、
一定の基準を満たして認可を受けた業者でなければ2006年1月以降、業務を継続
できなくなりました。爆弾
具体的には以下のように定められています。

ー(長音記号2)業者は登録制となり、金融庁の監督下に置かれるようになった
ー(長音記号2)以下の禁止行為が設けられた
  -不招請勧誘の禁止
  -契約をしない旨の意思表示をした人に対する再勧誘の禁止
  -断定的判断を提供しての勧誘の禁止
ー(長音記号2)広告規制(手数料やリスクなどについての表示を義務づけ)
ー(長音記号2)契約締結前、取引成立、証拠金受領時の書面の交付義務

これにより、徐々に健全な市場としての基盤が整いつつ、FX業者の選択も以前よりは
安全になったといえます。ハートたち(複数ハート)
まだまだ新しい金融商品であるともいえますね。


ラベル:FX 歴史 外為法
posted by aloha at 23:10| ホノルル ☀| FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

FXとインターネット

FXとインターネットって相性いいですよね黒ハート
実際、今時の個人投資家の多くは、インターネットを介したオンライン取引をしている
でしょう。
FX取り扱い会社は、広告費・人件費を抑えて運営できることにより、取引手数料を大幅に
削減することが可能になっています。揺れるハート
そして、一年中動く市場(一部休みもあります)に対して、個人投資家側もインターネ
ットを使えば、時間を問わず取引ができるわけです。
情報もFXの場合は新聞などのタイムラグのある媒体よりも、インターネットでリアルタ
イムの情報を入手する必要があります。
と、ネット環境により確かに便利になっているのですが、インターネットの情報の多さに
アップアップしてしまわないように、情報を取捨選択する目目を養うことも必要不可欠です。
取引会社によっては、ベテランの担当者の方のアドバイスを聞ける場合も多いので、有効
利用すると良いみたいです。ハートたち(複数ハート)
posted by aloha at 23:00| ホノルル ☀| FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

FXで笑うには・・・

いろいろとお友だちの話を聞きながら、だんだん自分の路が見えてきました。目
それは、高金利の良い循環に入ってしまうことです。ぴかぴか(新しい)
私、、、ストレスに弱いので、日々の為替相場の上下に常に脅かされてびくびくする
のは疲れてしまうようなきがします。

じゃぁどぉしたらよいか・・・は今までの復習でわかりますよね。

 有料投資銘柄を分散し
     ↓  損益分も他で穴埋めできる
 有料低レバレッジで
     ↓   
 有料買ったポジションを持ち続け
     
     ↓  相場の波は長期的にみれば必ず戻る
        スワップ金利が入り続ける
 有料相場の低くなったときはそのポジションを買い足し
     ↓  下落の際のポジショ平均化

 有料スワップ金利で貯まったお金で
  新たなポジションを追加

というわけで高金利の循環ができあがるわけです。バー
もちろん途中には相場の下落で為替損益のマイナス金額を見ることになるのは避けて
通れませんが、じっと我慢!!相場が上向いたときも、売り抜けするのか悩むところ
ですが、、、高金利の循環さえできてしまえば、良いポジションを持っているという
安心感もあり、あとは大きくなっていくだけです。

わたしも絶対つかみたいこのチャンス!!単純すぎる?!
posted by aloha at 23:00| ホノルル ☀| FX攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。